• エントリー・お問い合わせ

キャリアアップ

認定取得に向けたバックアップ体制の充実。

認定看護師 O・N
日々看護していく中でもっと専門的な知識や技術があれば、患者、家族に適した介入ができるのではないかと感じたのが私の認定看護師を目指すきっかけです。認定取得までのバックアップ体制は万全で、身分保証、経済的支援、精神的支援もしていただきました。
認定看護師となり2年が経ちますが、月2回の活動日や看護相談室の設置、学会参加など他の病院に比べ、時間も設備も配慮して頂いています。なかなか師長と認定看護師の両立は難しく、ジレンマを感じることもありますが、一緒に働いているスタッフから「自分も学びたい」という声が増えてきていることは何よりもうれしく感じます。
患者様、ご家族の精神面への支援もスタッフと検討する機会が増えています。
現在は脳卒中再発予防指導が主な活動となっていますが、今後は病院の特性を活かした、予防から維持期までの看護がシームレスに行えるよう活動していくことが目標です。
認定看護師 M・N
認定看護師になろうとしたきっかけ・・。それは一人の患者さんとの関わりから始まりました。その方は乳がんで痛みがある状態でしたが、痛みのコントロールはできており、最期まで自分らしさを保ち生きぬくことができました。その患者さんを通し、やはり痛みが取れなければQOL(クオリティオブライフ)向上はできない、精神的安寧など図ることは不可能であると思い、認定看護師になり、がん患者さんのがんの痛み・苦しみから解放させてあげたいと思ったのがきっかけでした。
こんな思いから、実際に認定看護師になれたのは3年後です。認定看護師の役割など他の医療関係者に周知されていなく支援体制が整っていなかったため、3年も待ちましたが、その間十分勉強できることができ、認定看護師になれたと思います。現在は月2回専任時間を頂き、看護相談や疼痛マネジメントを行っています。また在宅療養しているがん患者さんにも訪問看護に同行しています。
今後も医療チームで介入しがん患者さんがその人らしく生活できるように支援していきたいと思っています。

Copyright © 市立御前崎総合病院. All rights reserved.